ストレスはお肌の大敵はもはや常識!当然ニキビ発症の原因にもなります!

ストレスによるニキビへの影響

ストレスは美容の大敵というのはもはや常識ではありますが、ストレスを受けるというのはどのような状態でしょうか。

 

ストレスには複数ありますが、こちらでは主に心理的ストレスと物理的ストレスを例に挙げたいと思います。

 

心理的ストレスとは人間関係のトラブルや仕事の悩みといった、不安や怒りなどのネガティヴな感情による精神的負荷全般を指し、物理的ストレスとは寒暖差などの身体的に負荷を受けたり自律神経のバランスを崩す要素全般を指します。

 

これらのストレスにより交感神経が活発になると、アンドロゲン、アドレナリン、テストステロン、男性ホルモンが分泌されます。いずれも皮脂の分泌を促進させる働きがあるため脂性の肌になります。

 

特に男性ホルモンは肌を収縮させ硬く角化させる働きもありますので、ニキビ発症の根本原因である角栓による毛穴詰まりと皮脂の過剰分泌につながるのです。

 

ストレス対策をしてニキビ予防|おすすめは半身浴!

ストレスへの対処で大事な要素は3Rといわれているそうです。
3RとはREST(休息)、RELAXATION(リラクゼーション)、RECREATION(レクリエーション)の3つの要素を指します。

 

つまりは規則正しい生活できちんと睡眠時間を確保する、適度な運動、楽しみや趣味の時間を持つという事になります。

 

社会人になるとおそらくこの3Rがおろそかになっている方も多いのではないでしょうか。
仕事や人付き合いで帰宅が遅くなり、満足に休息、睡眠時間が取れなかったり、ついついおっくうになって運動も怠けてしまう。せっかくの週末も趣味などに時間を費やせず平日に溜まった家事などに追われてしまう等です。

 

とはいえ生活そのものを変えるのは難しいでしょうから、少しでも副交感神経が優位なリラックスした状態を保つために半身浴をおすすめします。
ぬるめのお湯(38〜40度)に20分ほどつかる事で心身をリラックスさせましょう。

 

 

TOPページへ