ホルモンバランスの乱れも大人ニキビの原因の一つです。

ホルモンバランスと大人ニキビの関係性

ニキビの原因の一つにホルモンバランスの乱れがあげられます。

ホルモンバランスの乱れとはどういった状態を示すのでしょうか。

 

ここで言うホルモンとは男性ホルモンと女性ホルモンの二種類で、どちらか一方の過剰分泌によってホルモンバランスが乱されるのですが、ニキビの原因となるのは、男性ホルモンが過剰になった状態です。

 

男性ホルモンには肌の組織を角質化させ、皮脂の分泌を促進させる働きがあり、女性ホルモンには皮脂の分泌をを抑え、肌のバリア機能を強化する働きがありますが、男性ホルモンが優位になってしまうと肌の角質化の影響で毛穴が角栓でふさがれます。

 

これにより皮脂が毛穴から排出されずに溜まっていき、ニキビ発生の根本原因につながるのです。

 

男性ホルモンが原因のニキビのできやすい場所

実は男性ホルモンの影響を受けやすい箇所があります。

 

それはいわゆる男性であればヒゲの生える箇所で、もみあげから顎までのUゾーン、鼻の下や口の周りです。
この辺りにできたニキビは男性ホルモンが優位になったために発症している可能性が高いといえます。

 

女性の場合は男性ホルモンでひげが生えずにニキビが発症するというわけです。

 

やっかいな男性ホルモンが過剰分泌されるのはなぜか?

大人ニキビ、とくにもみあげから顎のライン、口周りにできるものについては男性ホルモンが原因であることがお分かりいただけたかと思います。

 

それではなぜ女性であっても男性ホルモンが優位な状況になるのでしょうか。
一番の原因はストレスや不規則な生活リズムにあります。
人は身体的、心的なストレスを受け続けると交感神経が刺激されます。

 

交感神経は男性ホルモンの分泌を活性化させますので男性ホルモンが優位になるのは交感神経が常に活発な状態が続いた結果なのです。

では女性ホルモンが多ければよいのか?

女性ホルモン、いわゆるエストロゲンが多ければ多いほどいいのか?というとそれも違います。
たしかにエストロゲンには細胞間脂質のセラミドと保湿因子がもつバリア機能を強化する働きがあります。
お肌の水分を維持してくれる美容にはとても重要な役割を担っているのですが、過剰に分泌されると乳がんなどの婦人病のリスクが高まってしまいます。

 

また、皮脂の分泌を抑える働きもありますので、その働きが過剰になれば逆に乾燥肌を招いてしまい、肌荒れの原因となる事もあります。
やはり、男性ホルモンと女性ホルモンのそれぞれをバランスよく保つことこそが、美しいお肌に欠かせないという事なのです。

ホルモンバランスを整えるにはどうしたらよいのか?

 

では、ホルモンバランスを整えるにはどうしたらよいのでしょうか?
まずは男性ホルモンの分泌を抑える必要があります。

 

男性ホルモンが分泌される主な原因はストレスや睡眠不足などです。
ストレスや睡眠不足は交感神経を刺激してしまいます。

 

 

 

交感神経が活発な状態が継続されると男性ホルモンの分泌が促進されてしまうのです。
もはや常識ともいえる「ストレスや寝不足はお肌の大敵」という言葉はそのままニキビにも当てはまりますね。

 

>>ストレスによるニキビへの影響はこちら

 

女性ホルモンを増やす方法とは?

医師によるホルモン注射などもありますが、ここでは自宅でできる方法として、女性ホルモンを増加させたり、ホルモンバランスを整える働きを持つ成分が配合された化粧品の利用やサプリメントを摂取するのをおすすめします。

 

どのような成分が必要かというと、それはプラセンタやイソフラボンです。
プラセンタは主に豚や馬の胎盤を原料としており、女性ホルモンであるエストロゲンそのものは含まないものの、ホルモンバランスを整える働きをもちます。

 

胎盤は胎児に栄養補給をする器官ということもあり、そのエキスは栄養たっぷりですので、美肌効果にも期待できます。
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをもつ上、抗酸化作用もありますので、ニキビが悪化するきっかけとなる皮脂の酸化を予防する働きにも期待できます。

 

 

TOPページへ