大人ニキビ治し方|悪化後

大人ニキビが悪化した場合の治し方

白ニキビや黒ニキビを放置していると悪化して赤ニキビになってしまいます。
なぜ放置されたニキビが赤ニキビになるのでしょうか?

 

ニキビの中には過剰分泌された皮脂が詰まっていますが、アクネ菌はこの皮脂が大好物です。
さらに角栓で閉じられた毛穴の中という空気の入りにくい場所を好みますのでどんどん増殖していきます。

 

アクネ菌が増殖するとリパーゼという酵素で皮脂を遊離脂肪酸に分解します。
この脂肪酸が周りの皮膚組織を炎症を発生させた結果、ニキビが悪化して赤ニキビと呼ばれる症状になります。

 

炎症を伴うため赤く腫れあがり目立ちますし、痛みもありますので重症な皮膚炎と呼んで差し支えない状態なのです。

 

赤ニキビの治療方法は?

まずは一刻も早く皮膚科に相談することをおすすめします。
炎症を鎮めるための抗生物質の処方が主な対策となります。

 

外用抗生物質ならダラシンTゲルやアクアチムクリーム、内服用抗生物質ならルリッド錠やミノマイシン錠、クラリス錠などが処方されますので医師の指示にしたがって治療に取り組んでください。
また、状況によっては物理的に皮脂や膿などを取り除くため、面皰圧出器(アクネプッシャー)を使用した面皰圧出施術を行う事もあります。

 

ただ、いずれも現時点に対しての対症療法ですし、特に抗生物質は炎症を鎮める効果は期待できるものの、善玉、悪玉問わず殺菌してしまいますので、肌の状態がよくなるわけではありません。
根本から治療するには対症療法とともにニキビのできにくい肌にする必要があります。

 

ニキビは男性ホルモンの過剰分泌を原因とする、皮膚組織の角化による角栓が毛穴に詰まることと、肌バリア機能の低下によって発症しますので、女性ホルモン量を増やしてホルモンバランスを整えることが根本的な治療につながります。

 

>>ホルモンバランスと大人ニキビについてはこちら

 

黄色ニキビとは?その症状とケア方法

炎症を起こしたニキビがさらに悪化して化膿してしまった状態です。
毛穴の中に膿が溜まり、表面に黄色っぽい膿が漏れ出てくると黄色ニキビとなります。

 

炎症が皮膚の奥にある真皮層まで及んでいるため、ニキビ跡が残りやすい症状です。
一般的なクレーター肌やみかんのような肌はこの黄色ニキビまで悪化した結果といえます。

 

この黄色ニキビの状態まで症状が深刻化すると、自宅でのケアなどはほぼ不可能です。
すぐに皮膚科に相談してください。

 

皮膚科では強い内服抗生物質を処方されると思います。
エリスロマイシン、テトラサイクリン、ミノサイクリンなどです。

 

また、炎症がひどい場合はステロイド注射やレーザー治療などを取り入れているところもありますので、治療を受ける前に医師とよく相談する必要があるでしょう。

 

この黄色ニキビは絶対に自分でつぶさないようにしましょう。
見た目も膿のせいで不潔に見えますので一刻も早く膿を取り出したいという気持ちから、押し出して膿を無理やり排出させるようなケースが見受けられますが、これは非常に危険な行為です。

 

膿を押し出す過程で、炎症が広がった真皮層をさらに損傷させてしまう可能性がありますし、傷口から雑菌が入る事でさらに化膿が悪化し、次に紹介する紫ニキビに発展してしまう可能性もあります。
また、この段階まで深刻化したニキビは跡が残る可能性が高く、多くの方が悩んでいるクレーター肌やみかん肌という状態に高確率でなってしまいます。

 

膿を押し出すなどの自己処置により、周りの皮膚組織を傷つけ、より大きなニキビ跡になってしまう可能性がありますので気をつけましょう。

 

紫ニキビとは?非常に深刻な症状です!

黄色ニキビがさらに悪化した症状で、ニキビの中に膿以外にも血液やアクネ菌以外の黄色ブドウ球菌まで入り込んでいる状態です。

 

毛穴の中だけではなく、周囲の皮膚まで赤黒く炎症が広がってしまい、強い痛みが伴うことも多いでしょう。

 

もはや自力でのケアは不可能で、たかがニキビとはいえないほどに重症化した皮膚炎です。
別名嚢腫とも言われます。

 

すぐに皮膚科に相談しましょう!

まず、ここまで放置しないようにするのが一番の対処法ですが、紫ニキビまで症状が悪化してしまったものは仕方ありません。
すぐに皮膚科に相談しましょう。

 

ニキビの中にたまった血だまりや膿を排出させるために切開を行う場合や、ステロイド注射やレーザーによる施術など医院によって異なる対処になるとは思いますが、医師と相談の上治療に取り組んでいただくしかありません。
いずれにせよ赤黒く晴れ上がった炎症を鎮めるための治療を集中的に受ける事になります。

 

また、この紫ニキビを自分でつぶしてしまったりすると確実にクレーター肌といわれる肌組織の損傷が激しいニキビ跡が残りますのでくれぐれも触らないように気をつけましょう。

ホルモン療法も検討しましょう!

重症化したニキビはいわゆるクレーター肌のような深刻なニキビ跡がのこる可能性が非常に高いといえます。
少しでも早くニキビを治療し、ニキビ跡を修復したいのであればそれ以上ニキビができない肌状態とニキビ跡修復のための肌の回復力アップが必要です。

 

ニキビの発生原因と肌のバリア機能や保湿機能を邪魔しているのは男性ホルモンですから、この男性ホルモンを減少させ、女性ホルモン優位のホルモンバランスがとれた状態にするにはホルモン療法により女性ホルモン優位の状態にする必要があります。

 

ホルモン療法には女性ホルモンに似た働きをもつイソフラボンの投与やピルなどの服用を行います。
ピルは一般的には避妊薬と知られていますから意外と思われる方も多いとは思いますが、ピルは女性ホルモンのエストロゲンを含んでいるため、ホルモン療法に使われるのです。

 

ホルモン療法により男性ホルモンを減少させることができれば、ニキビの最も根本的な原因である、毛穴周りの皮膚が角質化してできてしまう角栓によってふさがれることも無くなり、それ以上のニキビ発症を防止する事ができます。
また、女性ホルモンが優位になってホルモンバランスが整えば、皮膚のバリア機能や保湿機能、再生機能なども回復しますので、少しずつですがニキビ跡が目立たなくなります。

 

自身でできる擬似的な女性ホルモン補給としてはイソフラボンを摂ったり、エストロゲンは含まないものの、ホルモンバランスを整えて女性ホルモン分泌を促してくれるプラセンタの利用をおすすめします。

 

ニキビが悪化する前に予防するには?おすすめのニキビケア化粧品BEST3はこちら

 

関連ページ

初期〜中期