大人ニキビ跡のクレーター肌に有効なケア方法は?

ニキビ跡で最も困るクレーター肌

クレーター肌に悩む女性

大人ニキビの中でも最も気にする人が多いのが、ニキビ跡でしょう。
ひどいニキビになってしまうと、せっかくニキビが治ったとしても、肌に凸凹の傷跡が残る事があります。

 

みかんのような細かいブツブツのニキビ跡やひどい症状になると、まるで月面のクレーターのようなニキビ跡になってしまうことさえあります。

 

こういったいわゆるクレーター肌の原因となる傷痕は美容的に非常に困った存在です。

 

女性にとってはまさにコンプレックス原因となってしまい、人前に出るのが嫌になってしまったり、外出時に常にマスクが手放せなくなったりなど、ニキビに関する悩みの中でも最も多く、そして深刻な悩みです。

 

クレーター肌になってしまうのはなぜか?

ニキビの中でも化膿してしまうほど悪化したニキビが治った後の皮膚が陥没したり盛り上がってしまい、凸凹の傷痕が残ってしまう事が多く有ります。
せっかくニキビが治っても目立つ傷痕が残ってしまっては元も子もがありません。

 

それではなぜこのようなクレーターのような肌になってしまうのでしょうか。
毛穴が角栓によって詰まってしまいニキビになってしまうと、毛穴の中に皮脂やアクネ菌が溜まって炎症を発生させてしまいます。

 

炎症が拡がってしまうと周囲の皮膚組織を破壊していきます。
さらに炎症が悪化して肌の奥にある真皮層まで達してしまうと肌の防衛機能が大量のコラーゲンを生成します。

 

過剰にコラーゲンが生成されることでケロイド状の跡が残ってしまいます。
この過剰生成されたコラーゲンが肌の表面を凸凹にし、クレーター肌の原因となっています。

 

クレーター肌のケア方法は?

一般的な治療は医師に相談し、レーザー治療などを受ける事です。
他にも専用の薬剤で肌の角質化されたところを溶かし、柔らかくして取り除くピーリングなどがあります。

 

クレーター肌について解説する先生

しかし、こうした外科的な措置は逆に肌を傷つけてしまう事もありますので最後の手段としていただくのが良いと思います。
安全な方法としてはやはり肌の健康を取り戻す事が地味ではありますが一番確実です。

 

そのためには肌のバリア機能を回復させ、ターンオーバーを正常化させることで自然治癒力を高めていくことでホルモンバランスを整え、徹底的な保湿ケアをしてください。

 

残念ながら個人レベルでは新しく、革新的な方法などはありません。
日々のケアが将来のすべすべ肌につながりますので継続したケアをしていきましょう。

 

 

ニキビケアに有効な成分はこちら

 

ニキビケアに有効な栄養素はこちら